前へ
次へ

硫化アリルを活かすなら甘い玉ねぎは生で食べる

独特の香りや辛みがあるのも玉ねぎですが、様々な料理に引っ張りだこの野菜でもあります。硫化アリルこそが独特の香りの要因であり、ニオイは若干気になるとしても血液をサラサラにするというのですから食べない手はありません。過熱をすると甘みが増すのも玉ねぎのすごいところであり、グルタミン酸と呼ばれるうまみ成分のおかげです。だから炒め物や煮物にした際の玉ねぎは、驚くほど甘みが増しますし、ほかの食材の旨味まで高める効果があります。玉ねぎのニオイは硫化アリルによるものですが、体内のおけるビタミンB1の吸収を順調にさせるのもこの成分があってこそです。豚肉などの肉類にはビタミンB1が多く含まれますが、玉ねぎを一緒にたっぷりと食べることで、食事の炭水化物をスムーズにエネルギーへと変換することができます。あらゆる粘膜や皮膚に関しても、健康で丈夫な状態をサポートする優れた部分もあるのが玉ねぎです。過熱には弱い硫化アリルなので、甘みのある玉ねぎだったらサラダなどにするのも悪くはありません。

Page Top